オダ幕府 (アンサイクロペディア)

提供: Yourpedia
移動: 案内検索



この記事は、:en:Oda Shogunateから翻訳されたものです。
(なお、翻訳元の記事はその後削除されました。)

「鳴かぬなら 殺してしまえ 語録 (織田信長)」

~ オダ幕府 について、織田信長

オダ幕府(おだばくふ)とは、パラレルワールドでの1589年~1783年まで存続したオダ・ノブナガ日本帝国(1601年以降は欧州帝国)の補佐機関として設けた幕府。

概要[編集]

上記の通り、日本帝国皇帝ノブナガがヨーロッパへ遠征している間、反乱を防ぐ為、次男ノブカツを将軍として設置。その為、オダ幕府は他の幕府の様な権威を持たないが、帝国の最高機関として存在しており、戦国時代の再来を防いだ。

歴史[編集]

成立[編集]

1589年、オダ・ノブカツ征夷大将軍に任じられ安土に幕府を開いたのが始まりである。当初は徳川家康柴田勝家等の補佐を受けて、産業・教育の振興その他の施策に力を入れ、大量の農民が広域的な新田開発が各地で行った為、日本の経済は爆発的に発展し、国内自給経済が形成された。1601年、欧州帝国が成立し、日本帝国を併合すると、幕府は欧州帝国の植民地の統治機関となり、より強力な権限を持つようになった。

発展期[編集]

欧州帝国成立により幕府の権限が強化された事でノブカツはより良い政治を行おうと努力し、各地の特産物を全国に流通させる為に街道を整備し、工業を発展させる為に、幕府直轄の工場を次々に設置した。幕府体制が固まっていく中、1629年、ノブカツは息子ヒデカツに将軍職を譲り、直後に死去。ヒデカツは幕府の権限を広める為、1630年、「臣民諸法度」を公布し、直轄地の支配強化を図り、京都を「西京」、江戸を「東京」、陸奥の南(宮城県辺り)を「北京」、薩摩を「南京」と改称し、各京に長官府を設置した。しかし1657年ノブカツが急死、弟タカナガが三代将軍に就任した。

全盛期[編集]

タカナガが将軍に就任した時期は有力大名の前田・伊達・毛利・上杉が幕政を担い、勢力を拡大しており、他の大名は著しく衰退していた。これを憂いたタカナガは伊達家当主伊達綱宗独眼竜の孫)や上杉家当主上杉綱勝毘沙門天の甥の孫)を引退させ、幼い子供に相続させたり、伊達騒動吉良義央暗殺事件を起こさせたりする等、伊達・上杉両家を弱体化させる。続いて、奉公衆と呼ばれる軍事力を整え、オダ将軍家の絶対化を推し進めた。続いて四代ナガヨリが前田・毛利の力を削ぎ落とし、奉公衆を幕府の公式常備軍とする。このころ有力大名は力を失い、幕府の収入が安定しており、オダ幕府は全盛期を迎えたのである。

衰退期[編集]

黄金期を謳歌していたオダ幕府もナガヨリの死後、急速に衰えていった。五代ノブタケが将軍に就任した時、政治の中心は有力大名から家臣団に移り、初代ノブカツから仕えた古参衆と二代ヒデカツから仕えた加賀衆の二派が力を合わせて幕政を行っていた。しかしノブタケの代に加賀衆の首領、中山助之進正峯が古参衆と政策の違いから対立し、中山はクーデターを目論んだとして田中五郎左衛門安定をこの世から追放し、更に生駒三左衛門則正とその一族をエクストリーム・バナナの皮にて滅ぼした。その結果、国民から激しい批判を受け、1694年、ノブタケは自害する。その後、ノブヤスが将軍職を継ぐも、帝国政府はノブタケの自害を受け、「植民地統括法」を発布する。その結果幕府の権限は大幅に弱まり、ノブヤスは苦しい中での幕政を行う事となり、「消防法」を制定した直後に急死。その後を息子ノブトモが七代将軍になるも幕府体制が弱体化を食い止められず、急死する。

オダ幕府の滅亡、コナミへ[編集]

ノブトモの死後、弟ノブヒサが八代将軍に就任し、幕政改革を行い、安定させるが、1779年アメリカ合衆国との戦争で欧州帝国が崩壊し、独立政権を宣言する。しかし帝国崩壊の衝撃は闇に消えた天皇家を目覚めさせ、光格天皇を擁立する武士達(尊皇党)の反乱を招く。1780年、尊皇党と戦争を開始し、当初は幕府軍が有利だったものの、1782年末から戦況が逆転し、尊皇党が力を盛り返し、1783年ノブヒサが敗北し、安土は尊皇党により、制圧。約200年続いたオダ幕府はここに滅んだ。しかし1969年、コナミの代表である上月景正が、オダの末裔であると判明。これによりノブヒサの隠し子が発覚、全盛期ほどではないも隆盛を続けている。


歴代将軍[編集]

  1. オダ・ノブカツ(在任1589年~1629年)
  2. オダ・ヒデカツ(在任1629年~1657年)
  3. オダ・タカナガ(在任1657年~1677年)
  4. オダ・ナガヨリ(在任1677年~1689年)
  5. オダ・ノブタケ(在任1689年~1694年)
  6. オダ・ノブヤス(在任1694年~1722年)
  7. オダ・ノブトモ(在任1722年~1737年)
  8. オダ・ノブヒサ(在任1737年~1783年)

将軍家の系譜[編集]


オダ・ノブナガ
 ┣━━━━┓
ノブタダ ノブカツ
     ┏┻━━┓
   ヒデカツ タカナガ 
         ┃
        ナガヨリ 
         ┃
        ノブタケ
         ┃
        ノブヤス                                             
        ┏┻━━┓
      ノブトモ ノブヒサ
            

             

オダ幕府の役職[編集]

中央[編集]

  • 征夷大将軍(総督)
  • 管領
  • 警備所長
  • 問注所長
  • 奉公衆長
  • 参議

地方[編集]

  • 西京長官
  • 東京長官
  • 北京長官
  • 南京長官

関連項目[編集]

アンサイクロペディア削除.png
ナニモノかがアンサイクロペディアに「オダ幕府」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨要八百科厨の暗躍により削除されてしまいました