ソリッドステートドライブ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
Uncyclo letter u2.png
この記事には拡張が必要です。

この記事は無限の可能性を秘めています。
質・量ともに充実させて、完全無欠な嘘八百記事にしてください。
(編集の際にはここと以下のコメントを参考にしてください)

注:貼り付けから30日以内に拡張されない場合、この記事は削除の候補となります。
このテンプレートは --ぽんこつやろー (会話) 2014年9月14日 (日) 01:16 (JST) によって貼り付けられました。

削除議論による

ソリッドステートドライブ(solid state drive、SSD)とは、「PCについているHDDをフラッシュメモリーにしたらどうなるかな~」という思想からできたシロモノ。

概要[編集]

サムネイルの作成エラー: サムネイルを保存先に保存できません
SSDの内臓

外見はHDDとおんなじだが、腹をかっさばいて見ると中に黒い塊が何個もくっついてる。この中にデータをスパークさせてデータを保存する仕組みである。まぁ、それはどのフラッシュメモリーでも同じだが… ちなみにSSDもHDDも腹を掻っ捌いたらその地点でぬので興味本位でやったらあなたのずっと大事にしていたあのデータやこのデータが吹っ飛ぶのでダメ、絶対 (ちなみにHDDの場合は中の円盤同士がそれぞれ磁石のためぶぁっちいんと引っ付いてだめになるそうです)

特徴[編集]

HDDと比べた結果。

良いところ[編集]

  • 速い HDDは中の円盤をまわしてデータを探さなければならないが、SSDではデータのほうから来てくれる。 
  • 衝撃に強い HDDの場合中の円盤とヘッドが衝撃でこすれたらあああああああああ! となるがSSDはデジタルな方式で記録するのでそこんところは大丈夫。さすがにバールのようなもので殴ったら壊れるが。
  • 軽い HDDはモーターとかいろいろなものをふち込んでいるのに対し、SSDは本当に必要なものしか入れてないため。
  • 熱くなりにくい HDDは中の円盤をギュンギュンまわしてるからすぐ暑くなる。(PCを暖房として使いたいなら別)

悪いところ[編集]

  • 寿命が短い HDDの場合磁石なだけにデータをぺたぺたとくっつけて保存しているのに対し、SSDは電気ショックでダメージを与えて記録している(すなわちデータは傷)ためあまりにも書き換えが激しすぎるとその傷が元で突然死の危険性が。
HDDは壊れてもデータは引っ付いてるから努力すればデータを助けることができるだろうが、SSDは先ほども言ったようにダメージで書き込んでいるのでデータも一緒に死ぬ。どうしても助けたいならプロを呼ぶしかない。
  • 容量が少ない HDDにくらべ、データが入る部屋数が少ない。とくにSLC(一部屋1人まで)。MLC(一部屋2人まで)ならまだましかもしれないがその分部屋が腐りやすくなる。
  • 高い HDDはデータをくっつける円盤を作ればいいだけなので比較的安価。 でもSSDは黒い塊の中に部屋を作らないといけないため高い。

関連項目[編集]

アンサイクロペディア削除.png
ナニモノかがアンサイクロペディアに「ソリッドステートドライブ」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨要八百科厨の暗躍により削除されてしまいました