レベッカ・恵理・レイボーン

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

ウィキペディア無し small.png

ナニモノかがウィキペディアに「レベッカ・恵理・レイボーン」の項目を執筆しましたが、極悪管理者の暗躍により白紙保護されてしまいました

Wikipedia-logo.svg 海外安全情報
ウィキペディアの「ベッキー」周辺は治安が悪化しているため、渡航の延期をお勧めします。

ベッキー[1]ことレベッカ・恵理・レイボーン (れべっか・えり・れいぼーん)は、(1984年3月6日 - )日本女性タレント女優歌手神奈川県出身。サンミュージック所属。当初は「コメディエンヌ」(女性コメディアン)を名乗っていた。血液型はAB型。亜細亜大学経営学部経営学科卒業。学位は学士(経営学、亜細亜大学)。愛称は、べき子[2]。歌手での名義は『ベッキー♪#』。本人が公表していないというだけで、ウィキペディア(日本語版)に書くとなぜか基地外に削除されてしまう。ちなみに「ベッキー」は「レベッカ」の省略形の一つである(他にも、「レベッカ」の省略形としては、ベキ、ベック、ベティなどがある)。

ベッキー
[[Image:|220x480px|ベッキー]]
プロフィール
別名
愛称
生没年月日 1984年3月6日
 -  月 日(-歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 AB型
民族
瞳の色
毛髪の色
公称サイズ()
身長 / 体重 157cm/ 39kg
スリーサイズ - - cm
ブラのサイズ
股下 cm
靴のサイズ cm
備考
活動
デビュー
ジャンル タレント
モデル内容
備考
他の活動 女優モデル
その他の記録
外部リンク
データベース FMD 2114691, IMDb
モデル テンプレート カテゴリ

経歴[編集]

母親は日本人、父親はイギリス人。妹が1人いる。子供の頃から芸能人になることに憧れていて、デビュー前に水着の仕事が来たが「将来お宝映像として出てしまうかも」と受けなかった。またラブレターも「将来何かの思い出番組で使われてしまうかも」と考えて書いたことがない[3]

タレント活動と学業を両立させながら、2006年3月に修業期限内(4年)で亜細亜大学経営学部経営学科を卒業した。将来、雑貨屋の経営を目指しており、ビジネスや起業を学ぶため経営学科を選んだ。この際、学費を全て自分で払っていたことを明かした。本人は「私は半分社会人ですし、当然です。親には今まで小中高と沢山お金を払ってもらいましたから」とコメントしている。また、在学中、友人に「本当に普通に学校に来てるね」と驚かれたり、学内で『ベッキー双子説』が流れたりしていたらしい。

日本とイギリスの二重国籍だったが、20歳を機に日本国籍を選ぶ。テレビ東京の児童向け早朝番組「おはスタ」のマスコットガールOhaガール出身で同番組のポケモンの名前の英語バージョンを紹介するコーナー「ポケモン・ザ・ワールド」でデビューする。以降バラエティー番組を中心に活動している。2005年から2007年度にかけてネイルクィーン(タレント部門)を3年連続受賞し、浜崎あゆみ以来の殿堂入りを果たした。

エピソード[編集]

物真似も得意である。2014年3月27日のボンでもクレヨンしんちゃんとヤンクミ披露した

  • ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手が理想の男性像(月光音楽団にて)。プロ野球東京ヤクルトスワローズ高井雄平投手は小学校の後輩にあたる。
  • 波田陽区に「(元気キャラと言うけど)ウザいだけですから!」と斬られたことがあり、その時は激怒し本当に落ち込んだとのこと。しかし、後に明石家さんまから「斬られたということは、それだけメジャーになったことだから」と言われ、今では斬られたことに感謝しているらしい。
  • 頬がふっくらしているところから何度かTVのダイエット企画を持ち込まれたこともあるが、体自体は細く、「本当は細いんです!」と腕を見せながら語ることもあった。
  • 現在実家の近くに1人暮らしをしているが、実家で飼っているペットに会いたくなってしまうため、ほとんどの時間を実家で過ごしている[3]。現在も川崎市に在住しており、たまプラーザあざみ野港北ニュータウンあたりで頻繁に目撃される。大学生時代はあざみ野駅より北へ200m位にあった「ダイオーショッピングプラザ」(「ラオックス」グループ、現在は閉店)でバイトしていた[4]
  • 父がイギリス人であるため日常会話程度の英会話は可能だが、その中身は日本語交じりの英語であるため、本来の正確な英会話をこなせるわけではない。それゆえ、自身のタレントイメージを壊す恐れがある英語のみの仕事は受けないことにしている[3]。しかし、自身が読んだ動物関係の外国の絵本に感動し、日本語版発行に際し翻訳を手掛けた。 
  • かつてナイスポの「痴漢冤罪記事」が原因でネット上で叩かれていたが、結局そんな発言は一つも見つからなかった。2006年3月25日『メレンゲの気持ち』で発言したと一部の人間は主張しているが、実際のオンエアでは、大学の卒業旅行にグアムに行った話や、キングコングと大学に行ったエピソードなどの話しかしておらず、その主張はナイスポ記事の発売日頃に出演したトーク番組だったというだけで断定していただけである。
  • 根っからの負けず嫌いであり、ライバルは「昨日の自分」、謙虚な姿勢を維持するという意味で「褒め言葉は喝」と考え、テレビではテンションを抑えている。
  • 好きなアニメは「姫ちゃんのリボン」であるらしい(公式ブログより)。
  • 小学生のとき、どうしても鉄棒ダルマ回りができず、助走をつけて鉄棒に猛ダッシュしたところ、鉄棒前歯をぶつけ、前歯を2本折ってしまった。
  • 有吉弘行により「元気の押し売り」という渾名をつけられた。
  • 子供の頃は、KinKi Kids堂本光一のファンだった。また、初めてライブに行ったのもKinKi Kidsである[5]。ラジオ番組なども聴いていたという。
  • 「自分からサインをもらおうとしない」「(マネージャーに迷惑をかけないため)恋愛は(今のところ)禁止」を指針としている。事務所は許可しているが、自分なりのルールである。
  • 非常に人あたりが良く、共演者は勿論スタッフの一人一人にも優しく、礼儀よく接するらしく、彼女を嫌っている人物は業界内ではほとんどいないらしい。その人格者ぶりを高く評価する芸人達が集まり、『アメトーーク』で「ベッキーすごいぞ芸人」という企画を立ち上げ、2008年10月16日に放映された。この番組自体には「本人を呼ぶと照れてしまう」という理由で一切ベッキー本人は出演していないが、本人はブログで「ただただ恐縮です」とコメントしている。
  • テレビの世界が好きで芸能界で活動していくためだけに生きてきたと言っている。恋愛を禁止してきたのもそのためだと思われる[6]
  • 無宗教であることが2009年7月30日発売の週刊文春8月6日号のインタビューで明らかになる。2007年1月時点でも本人は公式サイトでファンから「神様を心から信じることができません。」とコメントされた際「私はどこの宗教にも入っていないです。」と述べていた。
  • 2009年12月2日にベッキー♪#で本格的に歌手デビューした。デビュータイトルは「心こめて」(所属レコード会社はEMIミュージック・ジャパン。ちなみに、ベッキー名義でも初期はTOSHIBA EMI(イーストワールドレーベル)から出していた)。
  • 子供のころの渾名は「ザビエル」。ただ単に「顔が濃かった」からだろうと言う事である[7]
  • タコ好きである。歯応えが堪らなく好きで3日に一度は食すると言う[7]
  • 2009年11月に髪を60センチ切った。翌月の歌手デビューイベントまで(髪を)切った事をカツラを付ける等して隠していたが、宮川大輔だけには見破られてしまったと言う。

ライブ中にスピーカー が壊れてすぐ直ったが その間にスプーンでしのいだ このことは2013年12月11日 のスッキリで語っていた 目にひまわり入っている。この事は2014年6月25日の超報道で語っていた 亀飼っている。2015年1月15日の亀忍者イベントでマスコミに披露した 2016年1月にドルマゲスとFRIDAYされた。会見した。PONZIP以外取り上げた

主な出演作品[編集]

ドラマ[編集]

ショムニ2013 (2013年、7月から、9月、フジテレビ、)まどか役

バラエティ[編集]

ゲスト[編集]

ボン(2014年3月27日。VTR出演日本テレビ) 雨トーク。(2014年3月27日。テレビ朝日) 一服。(2014年4月9日。TBS)

テレビ東京特番(2014年4月12日。VTR出演。テレビ東京)

超報道(2014年6月25日。フジテレビ) 2016年1月7日のZIP PON以外の全ワイドショー 現在レギュラー

モニタリング (TBS毎週木曜日)

過去レギュラー

いいとも

2012年11月29日ゲスト 2013年3月28日トークゲスト

月光音楽、(毎週月曜) 取れ、

司会、その他

ヴランチ (2013年9月7日、VTR出演 TBS) 目覚まし土曜日、(2013年、9月14日、VTR出演) PON (2013年9月23日 VTR出演 日本テレビ)

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • 「BOYS BE… ALIVE TRY AGAIN」(「BOYS BE ALIVE」制作委員会、2000年4月、於・博品館劇場)日替わりゲスト
  • 「OH!BABY」(ネルケプランニング、2003年10月29日 - 11月3日、於・全労済ホール SPACE ZERO)

CM[編集]

  • サーティワン

天下一品

DVD[編集]

  • ベッキー ベッキー TV(アートポート
  • フレッシュタレント名鑑2001 フジテレビ「V.I.P.」PRESENTS(フジテレビ映像企画部)
  • 秘密倶楽部 o-daiba.com(フジテレビ映像企画部)
  • 株式会社 o-daiba.com(フジテレビ映像企画部)
  • アンナさんのおまめ DVD-BOX(テレビ朝日 2007年4月4日発売)
  • 極楽町一丁目 「嫁盤、姑盤」(メディアファクトリー 2009年3月6日発売)

Web[編集]

  • ベッキー インタビューmotteco書店 (2008年8月25日)

音楽作品[編集]

アルバム[編集]

  • 『act4』2004/12/08
  • Tribute to Avril Lavigne-Master's Collection-(2006年10月25日)アヴリル・ラヴィーンコンピレーションアルバムに参加。#10「スケーター・ボーイ」をカヴァー。
  • 「イエスタデイ・ワンスモア~TRIBUTE TO THE CARPENTERS~」(2009年3月25日)

「ベッキー♪#」名義[編集]

  1. 心の星(2010年2月24日)

シングル[編集]

  1. 『そらとぶポケモンキッズ』(デビュー曲 1999年7月17日)
  2. 『伝説のスタフィー/BOY FRIEND's』(2002年9月4日)
  3. 『さらら/けちらせ!』(2002年12月4日)
  4. 『ホリケンサイズII』(堀内健、高見沢俊彦と共演 2003年3月12日)
  5. 『ハロー!サンキュー!』(2005年4月29日)
  6. 『向日葵』(2006年2月22日)

「ベッキー♪#」名義[編集]

  1. 心こめて/ハピハピ(2009年12月2日)
  2. 好きだから(2010年2月3日)

書籍[編集]

写真集[編集]

絵本[編集]

翻訳[編集]

  • オウエンとムゼイ 2006年11月25日 NHK出版 ISBN 4140811536
  • オウエンとムゼイ なかよしのことば 2007年9月2日 NHK出版 ISBN 4140812532

雑誌[編集]

  • CUTiE べき展(宝島社) - レギュラー連載
  • SEDA ベッキー店長のオシャレ入荷!(日の出出版) - レギュラー連載

関連書籍[編集]

  • 「たべごろマンマ! 元気が出るごちそう大事典」 日本テレビ出版部

脚注[編集]

  1. 一般に Becky は英語女子名 Rebecca の愛称である。
  2. ベッキーすごいぞ芸人雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!
  3. 3.0 3.1 3.2 2007年6月19日『徹子の部屋』での発言
  4. テレビ東京系「出没!アド街ック天国」での発言より
  5. フジテレビ系「新堂本兄弟」より
  6. TBS系「中居正広の金曜日のスマたちへ」より
  7. 7.0 7.1 1億人の大質問!?笑ってコラえて!(日本テレビ系) 2009年9月23日放映分にて本人談。

外部リンク[編集]

関連事項[編集]

警告: 既定のソートキー「れへつかえりれいほーん」が、その前に書かれている既定のソートキー「へつきい」を上書きしています。