村井秀夫刺殺事件

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

村井秀夫刺殺事件(むらいひでおしさつじけん)とは、1995年4月23日に発生した殺人事件。オウム真理教の幹部で「科学技術省大臣」村井秀夫が、東京都港区南青山にあった教団東京総本部前で自称右翼団体構成員で在日朝鮮人の徐裕行に殺害された事件である。

犯行[編集]

1995年4月23日午後8時35分、教団東京総本部前において、山梨県上九一色村サティアン群から戻ってきた村井が、犯人によって刃物で左腕と右脇腹を続けざまに刺された。この様子はTVニュースで繰り返し放映され、日本中に衝撃を与えた。刺された後、直ちに村井は東京都立広尾病院に救急車で搬送されたが、右脇腹に受けた深さ13cmの刺し傷が致命傷となり、出血性ショックによる急性循環不全の為、翌4月24日午前2時33分に死亡(死去)した。実行犯は昼頃より事件現場に待ち伏せており、計画的犯行であることが伺えた。事件後直ちに逮捕された。

事件直後の上祐史浩広報部長(当時)のTV番組内での証言によれば、村井は死ぬ間際に「ユダにやられた」と話したという。後の2000年2月の週刊プレイボーイ上のインタビューでは上祐史浩は、「彼(村井)は刺殺される直前に、オウム真理教の事件その他はユダヤの陰謀であると言おうとしていた、そんな気配がある」「ユダヤ叩きというのは、僕にはどういう意味なんかよくわからない」が、「彼はあの直前に、テレビに出演してユダヤ叩きをやろう、という計画を立てていた」「刺殺される数時間前に彼から私の方に「ユダヤ叩きをやりますよ。今から戻ります」という電話があった」「彼はその直後に刺殺され」た、と述べている。また、事件がおこったちょうどその日、「オウム出版の編集部に彼が「ユダヤの陰謀関係の本を集めてくれ」と依頼していたという事実もある」[1]

犯人と裁判[編集]

実行犯は、右翼団体「神洲士衛館」の構成員を名乗っていた。しかし「神洲士衛館」は政治活動をほとんど行っていない休眠団体であり、実際は山口組暴力団の構成員だった。実行犯は「教団幹部なら誰でもよかった」と供述した。しかし、犯行当日のテレビ報道では実行犯が東京総本山ビル周辺でうろついている姿が度々映像に映っているが、教団幹部である上祐史浩や青山吉伸が出入りしても、実行犯は一切動いておらず、最初から村井をターゲットにしていたことが明白であった。

実行犯の供述により、暴力団若頭も共犯として5月11日に逮捕された。

裁判では、実行犯は若頭の指示により犯行に及んだと主張した。一方、若頭は「指示」そのものを否定した。警察の調査でも、若頭とオウム真理教の接点が見当たらなかった。むしろ、実行犯自身に特定の外国との不可解なつながりがあったという。また、公判において若頭からの犯行指示日に関する実行犯の供述が不自然であることが明らかになった。裁判の結果、実行犯に懲役12年、若頭に無罪判決が下り、確定した。

教団の供養[編集]

教団では村井が死亡した4月24日以降の10日間、事件現場となった東京総本部前で教団独特の踊りを披露し、村井を追悼した。1踊りの期間を10日間とした理由は、「死者は遅くとも死後49日以内に輪廻転生するが、これが早ければ早いほど高い世界に転生し、遅いほど低い世界(人間界は45日目、地獄界は49日目)に転生する。」という教団の教義に基づくもので、村井は幹部としての「功績」が高いので10日以内に転生するとされたためである。

また、『巨聖逝く 悲劇の天才科学者 村井秀夫』『巨聖逝く マンジュシュリー・ミトラ正大師物語(漫画版)』を急遽発刊し、村井の「功績」を称えた。

その他[編集]

事件発生当時は3月20日に地下鉄サリン事件の発生をきっかけに2日後の3月22日に教団施設への強制捜査によってオウム真理教への疑惑が深まった。そして、岐部哲也(4月6日逮捕)、越川真一(4月6日逮捕)、 林郁夫(4月8日逮捕)、石川公一(4月8日逮捕)、新実智光(4月12日逮捕)、早川紀代秀(4月20日逮捕)などの教団大物幹部が次々と逮捕され、村井自身にも疑惑の目が追求される中で連日大勢の報道関係者や警察が24時間体制で監視されており、事件当日も教団東京総本部前で村井を報道陣が取り囲んでいた最中にTVカメラの前で刺殺された。

テレビのニュース番組ワイドショー等が生々しい刺殺シーンを無修正で繰り返し放送したため、事件報道のあり方に議論を巻き起こし、各局では4月27日以降、この映像放映を放映しなくなった[2]。なお、殺人事件の瞬間がこれほど生々しく取材・報道されたのは1960年の浅沼社会党委員長刺殺事件、1985年の豊田商事会長刺殺事件2007年長崎市長射殺事件等の他には現在の日本では稀である。直後、どこからか村井の遺体の写真が週刊誌に流出し、物議を醸した。

また、被害者の村井が毒劇物の生産や一連のオウム真理教事件を中核を担う立場だったとみられることから、オウム真理教内部による口封じではないかという見方が非常に強かったものの、刑事事件としてはオウム真理教の関与はないと認定されている。

村井の死によって、村井が知りうるオウム事件に関する供述が聞き出せなくなり、一連のオウム事件の解明を遠のかせることになった。村井刺殺事件によって裏組織による他の教団幹部への殺害による口封じが懸念されたため、警察による教団幹部への別件逮捕が一層進められた。

脚注[編集]

  1. 『オウム解体 宮崎学×上祐史浩』(雷韻出版2000)pp40-42
  2. 「TBS報道メディアスペシャル オウム事件報道・メディアは何を伝えたか?」(1995年6月2日放送)でこのいきさつを説明している。この検証番組でも刺殺の瞬間は音声だけで、画面はフェード(黒画面)だった

関連項目[編集]


オウム真理教
主な事件: 村井秀夫刺殺事件 | 坂本堤弁護士一家殺害事件 | 松本サリン事件 | 地下鉄サリン事件
自称信者: 麻原彰晃(教祖)
信者の一覧: オウム真理教の信者一覧
関連項目: 後藤組 | フェラチオ | ホモ | 真理党
{{{group5}}}: {{{list5}}}
{{{group6}}}: {{{list6}}}
{{{group7}}}: {{{list7}}}
{{{group8}}}: {{{list8}}}
{{{group9}}}: {{{list9}}}
{{{group10}}}: {{{list10}}}